Glou Glou / Pralines

4パラレライズド・レゾナント・バンドパスフィルタ

これまでに無いコントロールのフェイザー、美しいヴィブラート、ファズを加えたシンセサウンド……Pralinesには全てが詰まっています。

入力されたシグナルを4つに分け、帯域ごとに個別のモジュレーションを設定可能。モジュレーションはエンベロープコントロール、LFOで制御することができ、LFOのスピードをエンベロープで可変することも可能。さらにスイッチでON/OFFできるファズを搭載。美しく揺れるモジュレーションから、複雑な動作のフェイズサウンド、さらにシンセライクなトーンまで、様々なサウンドを作ることができます。

フィルタを自己発振させれば、4つのVCOを組み合わせた個性的なアナログシンセのように使うこともできます。

エクスプレッションペダルを使用してモジュレーションやLFOを直接コントロールすることも可能です。

●コントロール

・4バンドフィルタ:中央に並んだ4組の小さなMOD、FREQノブで周波数ごとにかかるモジュレーションフィルタをコントロールします。FREQで各バンドの基本周波数を設定し、MODでそのバンドのモジュレーションを調整します。

・PEAK:このノブはフィルタのグローバルレゾナンスを調整します。反時計回り最小に設定するとフィルタは自己発振を始め、4バンドフィルタで4つのサインウェーブVCOをコントロールできます。

・MIX:ドライシグナルとフィルタを通したシグナルをミックスします。PEAKを低く設定すると、フェイズキャンセレレーションが起こり、フェイザー/ヴィブラートサウンドを作ることもできます。

・FUZZ:PralinesにはベーシックなPNPトランジスタを使用したゲーテッドファズを搭載しています。FUZZノブでファズのテクスチャをソフトなサチュレーションからハードなスクエアウェーブファズまで調整することができます。FUZZノブを12時より時計回りに回すとゲートが加わります。ファズはFUZZトグルスイッチでON/OFFできます。

・MODスイッチ:このロータリースイッチでフィルタのモジュレーションをどのように制御するかを選択します。ENV DOWN、ENV UPはエンベロープによる制御で、その動作方向の違いです。LFOまたはEXP(エクスプレッションペダル)でコントロールすることもできます。

・LFOセクション:本体右下のLFO CTRLスイッチ、およびSLOW/FASTスイッチとSPEEDノブでLFOを調整します。LFOはトライアングルウェーブで、SPEEDノブを使ってそのスピードをコントロール、SLOW/FASTでスピードレンジを切り替えます。LFO CTRLをENV DOWN/ENV UPに設定すると、エンベロープでLFOのスピードを可変することができます。ENV DOWNは音を出し続けるとスピードが下がり、ENV UPは上がります。EXPはエクスプレッションペダルでLFOをコントロールします。エクスプレッションペダルを接続せずにEXPに設定すると、LFOのスピードをSPEEDノブ、SLOW/FASTスイッチのみでコントロールできます。

・エンベロープセクション:ペダル上部のSENSノブと下部の小さなATTACK/DECAYノブはエンベロープの制御です。SENSでエンベロープジェネレーターのセンシティビティを、ATTACKとDECAYでエンベロープの動作の滑らかさを調整します。

・エクスプレッションペダル:背面にあるEXP/CV端子にクラシックなパッシブエクスプレッションペダル、または0-5V CVシグナルを接続すると、LFOレートやモジュレーションをリモートコントロールできます。

・フットスイッチ:エフェクト全体のバイパス/アクティブを切り替えるリレートゥルーバイパススイッチです。

●スペック

電源:センターマイナスDC9Vアダプターで駆動、電池はお使いになれません。

消費電流:200mA

サイズ:19×13×5cm

重量:0.8kg

CV:0-5V


※在庫切れの際は、お取り寄せにお時間を頂く場合がございます。予めご了承下さい。

見事な  Pralines / Glou Glou-エフェクター

見事な Pralines / Glou Glou-エフェクター

見事な Pralines / Glou Glou-エフェクター

見事な Pralines / Glou Glou-エフェクター

サポートメニュー一覧

オプションメニュー(有料)一覧